信用取引ってどんな取引?

信用取引のメリットは?

信用取引とは、簡単に言えば自分を信用してもらい、持っている現金以上の金額の株式売買を行なうことです。自分の資産、たとえば株式などを担保にして証券会社から金を借りて投資をします。
メリットは、まず、持っている資金の3倍までの取引が可能なことです。これは、利益も最大3倍出せるということなので、大きなチャンスになります。また、空売りという売り方があり、それによって株価下落時にも利益が出せます。どういうことかと言うと、株を売り、株価が下がったところで買い戻し、買い戻した株を証券会社に返すことで売った金額と買い戻した金額の差額を利益とすることができるのです。そして、現物買いと空売りを同時に行なう、つまり買い注文と売り注文を同時にすることで株価の変動を気にすることなく、株の売買手数料と信用取引の金利だけで株主優待を手に入れられます。

信用取引のデメリットは?

信用取引は良いことも多いですが、当然デメリットも発生します。
まず、6か月以内に清算をしなければなりません。証券会社に金を借りているという形ですので、借りた物は返すという原則です。現在は無期限信用取引という返済期限を区切らないものもありますが、やはり金を借りているので日々金利が発生しています。
また、追加の保証金、いわゆる追い証が必要になることがあります。株価が急激に下がった場合、大きな損失が出てしまい担保にしている資金や株式で賄いきれなくなることがあります。その際、追加の担保として新たな資金を求められるのです。追い証に応じることができなければ、証券会社は自動的に株式を決済してしまい、信用取引終了となります。