信用取引のリスクを回避するには?

信用取引における最大のリスクとは…?

信用取引は株取引において資金の数倍の取引ができる点、また売りから取引を始めることができるという点があるため、現物取引よりも利益を出すチャンスが多くなる有用な取引です。しかし、金融相場において利益と損失は表裏一体であるため、利益のチャンスが拡大するということは損失が出る可能性も同様に高くなるということになります。信用取引に関わらず、全ての金融取引に共通する最大のリスクとは、この損失が出てしまうことに他なりません。
信用取引の場合、損失が出てしまうと最悪では「追証」が発生することがあります。委託証拠金を損失が上回って追加の資金を差し入れなければならなくなるこの追証が、信用取引固有のリスクということになります。これを回避するためには、やはりしっかりとしたテクニカル指標と分析によって取引理由を明確化した上で、絶対的に損切を重要視する姿勢が必要になります。

信用取引のリスクを回避するための現物取引

どのように株取引の手法を磨いても、必ず損失のリスクは付きまといます。株取引においては、例え『神』と称されるような手腕を持ったトレーダーでも損切と損失からは無縁ではいられません。金融取引においては、損と上手く付き合うことがリスク回避における最前の道だと言えます。
信用取引するに当たっても損失を無くすのではなく、損失額を減らすことが最も重要かつ効率的なリスク回避の方法です。こうした考えでとられる手法が、信用取引と現物取引の『両建て』と呼ばれるものです。信用取引をメインとした場合ある銘柄の株価下落を見込んで売っておき、それとは株価が対相関にある銘柄を現物で買うという手法です。一見すると利益のみが減ってしまうようにも見える手法ですが、信用取引のリスクを回避するのには有効的な戦術だと言えます。